読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当のわたしが輝き出す♪望む世界をクリエイトする☆Cosmic Grace☆

「幸せになりたい!」「変わりたい」「本当の自分を知りたい」「自分を好きになりたい」 いつもの日常にスピリチュアルを生かして輝くヒント、 本当の自分に還る光のメッセージをお伝えします♪

自分からアドバイスをもらえるワークのご紹介

こんばんは。

Naho GRACEです。

きょうはとあるカフェにいます。

 

なんかこのカフェ、セッション向きなのか、

(わたしはセッションに向いてないとおもうんだけども)

勉強会が施されてたり、カウンセラーさん?が諭してたりしてます。。

丸聞こえなのはちょっと苦手。。。

 

それはさておき、きょうは

なんとなくモヤモヤしてしまったり、

今やってることに自信がなくなってしまった時に、自分でできるワークのご紹介です。

 

いつでも宇宙やハイヤーセルフと繋がれたり、

セラピストさんのセッションが受けられればいいのだけど、そうもいかないですよね。

そんな時、紙とペンさえあればどこでもできちゃいます。

 

なんかモヤモヤするなぁ、ということを

思い浮かべながら、

自分が自分の友人になって、観察者となってわたしに手紙を書くのです。

 

f:id:cosmicgrace:20161127192528j:plain

 

○○ちゃんへ

○○君へ

から始めます。

 

いま友人である自分から自分を見た時に、

どう見えていますか?

どんなわたしが見えますか?

友人だったらどんなアドバイスをしますか?

 

それをどんどん書いていきます。

 

否定も、承認も、慰めも、怒りもなんでも結構です。

伝えたいことを全部書きましょう。

 

そして描き終わったら

一旦封筒に入れて、封をして、

一呼吸置いてから改めて読んで見ます。

 

どうですか?

どんなことが書いてありました??

 

「えっ、こんなふうに思ってたの??

わたしってこうなの?」

っというようなことが書いてあったでしょうか。

 

それとも非難ばっかりでしたか??

それを読んでもっと落ち込みますか?

それとも、負けるか!って、

逆に頑張ろう!って思えましたか??

 

わたしも最近このワークをしてみたんです。

そして素晴らしいアドバイスをもらえました☆

 

それはわたしの内側からの声であり、

ハイヤーセルフの声であり、

宇宙の根源からの声でもあったように思います。

 

わたしの場合は、
ある人に言われた一言が気になって、
これからの進む道に少し迷いが生じたことがきっかけでした。

「わたしがしたいことってなんなんだろう・・・」

漠然と思っていたのでした。

 

そんなわたしに対して

わたしの"友人"からの手紙にはこのようなことが書いてありました。

 

日頃のわたしについての労いがまずあり、

あなたの今の視点は「○○すべき」になっているよ。

あなたが本当にしたいことはね・・・

 

と綴られていました。 

 

わたしは知らないうちに
「○○すべき」、という罠にはまっていたんですね。
(今日伺った師匠のライブも偶然にもそのテーマだったので、繋がっていたみたいです(*☻-☻*)

 

そしてわたしが本当にしたいこと、

なんだったと思います??

 

なんと、、

 

<あなたがしたいことは「知ること」なんだよ。>

 

と手紙には書かれていました 。

新しい視点でした。

 

それは常日頃やっていることなんですが、

暇さえあれば本を読み、本屋へ行き、

カフェで勉強し、

わたしのOFFの日常はそんな過ごし方なんですね。

 

わたしは興味があって知りたいことが多すぎて

時間が足りないくらいなんですね。

 

そして、まったく苦にならない。

 

それは好きなことでしたいことだから。

 

だいたい共通している興味のテーマは

健康、医学、心、癒し。

 

わたしはすでに本当にしたいことをやれていたのです。

 

「本当にしたいこと」って人生のテーマみたいに大きくとらえがちですが、

何かを成し遂げることでも、職業でも、結婚でなくてもいいんですよ。

小さなことでいいんです。

普段やってることの中にあるかもしれません。

なんとなくいつもしてて、

ワクワクして興味があって、時間が経つのも忘れちゃうこと、ありませんか?

 

それが近い未来になんの実を結ぶかは

今はわからないんです。

でも、わざわざ将来を見据えなくてもいいんです。

焦らなくていいんですよ。

 

わたしはわたしという友人に、それを教わりました。

感謝ですね♡♡

 

 

実はその先にあるであろう、「得た知識を伝える」ということは、

まだわたしが自然にしたいことではないようで、こうしてブログを書くのも正直仲々難しかったりします。

 

中途半端な情報は伝えたくない、という思いや、嘘をつきたくない気持ちが自分の中にあるので。

誰かが何かを発信するということは、誰が見る見ないにかかわらず、それに対しての責任もあると思うのですね。

 

そんな自分も受け入れつつ、

これからもう少し伝えることを楽しみながらできたらなぁと思います(*^_^*)